南鶴ヶ島灯台

劣等感の塊

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

廃墟探索

DSC_0072_20091221054611.jpg


行ってきました


廃村・廃墟探索


廃村「峰」
廃村「絹笠」
廃墟「奥多摩ロープウェイ」


の三点盛りです。


写真は、廃村「峰」の廃墟、通称「無線技師の館」です。
中には、当時の無線関係の書物が多く残されていました。
自然の力には耐え切れず、ついに倒壊してしまいました。


ただただ、朽ち行くままに。


素敵な光景だと思います。


多くの感動をくれた旅でした。


にほんブログ村 写真ブログ 学生カメラマンへ
↑行きたいですか?それとも行きたくないですか?

  1. 2009/12/21(月) 05:54:48|
  2. 撮影日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<綺麗な女性 | ホーム | 電車に乗って>>

コメント

初めまして。
(JR)四国からお邪魔しています。
鉄道写真もいいですね。
私も列車を被写体にすることありますが、
あまり綺麗に写せません。
さて、廃墟は坪尻駅ってご存じですか。
JR四国の土讃線にあるスイッチバック式の駅です。
秘境の駅といわれてます。
あるんですよ。
ここには坪尻駅ノートってのがあります。
キャンプしてる人もいるんですよ。
  1. 2009/12/21(月) 20:13:49 |
  2. URL |
  3. Shikokuboy #7q0KdVu2
  4. [ 編集 ]

お疲れ様~!

いやぁ今回の旅は僕の心にしっかりと刻み込まれましたよ。うん本当に。

その向きからは撮って無かったな^^;
相変わらず流石です。
  1. 2009/12/21(月) 22:21:15 |
  2. URL |
  3. 空原 #-
  4. [ 編集 ]

Shikokuboyさん>>
お初コメありがとうございます。
坪尻駅、以前、たった一度だけ、
訪れてみたことがあります。
数多くの秘境駅の中でもずば抜けて駅舎の朽ち果て度数の高い駅ですね。

空原>>
そこまでくるともう作風の問題だよ。
僕は合成もしないし、切り取りも君より広いし。
空原と比較すると「普通」の写真だからね(^^;
  1. 2009/12/22(火) 01:14:06 |
  2. URL |
  3. 土間 #17ClnxRY
  4. [ 編集 ]

おつかれー

土間さんがこれらの写真を取っている頃、自分が乗った
ユナイテッド航空UA875便は、成田国際空港に、爆音
を出しながら着陸するのであった。。。

なぜかビジネスクラスでしたー(^^

どうでもいいが orz
  1. 2009/12/22(火) 20:20:42 |
  2. URL |
  3. おおぞら鉄道 #/9hBKkrU
  4. [ 編集 ]

土間さん、こんにちは~

廃墟探索、気になる世界ですが…
ヘタレな自分は、写真だけ拝見させて頂いて楽しむこことします(笑)
  1. 2009/12/23(水) 13:43:49 |
  2. URL |
  3. まりも207 #6x2ZnSGE
  4. [ 編集 ]

まりも207さん>>
どもです。

そうなんです。
廃墟撮影はとても骨の折れる行為なんです(^^;
写真で気楽にお楽しみくださいw
  1. 2009/12/23(水) 20:28:02 |
  2. URL |
  3. 土間 #17ClnxRY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://turugasimatoudai.blog22.fc2.com/tb.php/136-87645a30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

土間

Author:土間
南鶴ヶ島灯台へようこそ。

最寄り駅に戻りたいという方はこちら

管理人「土間」は
写団「東京体温」所属のアマチュア写真人です。

主に鉄道・人物・心象街頭風景を撮っています。

bana.jpg
↑クリックすると飛びます

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (18)
はじめに (1)
撮影日誌 (15)
秘境駅レポ (1)
雑写・雑記 (397)
お知らせ (2)

FC2カウンター

RSSリンクの表示

Links

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。