南鶴ヶ島灯台

劣等感の塊

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハンマーソングと痛みの塔

DSC_0082.jpg
(2009.05.06 NikonD40x ISO3200 f5.6 1/30秒 北松戸にて)


最近、BUMP OF CHICKEN というグループの歌にはまっている。
特にいいのが、「ハンマーソングと痛みの塔」
藤さん?という方が詩を書いているらしいんだが、
歌詞に自分の経験がダブってしまった。

この歌詞にでてくる主人公は、自分の心の痛みを箱につめ、
それをひたすら積み上げ、その箱の上に居座り、
「自分は他の人間とは違うんだ」「自分は孤独の神に選ばれたんだ」
などと思っているのだ。
しかし、塔が高くなっていくうち、誰にも話しかけられないほど高い所へ行ってしまう。
さらに、かけていた梯子も倒れ、本当に孤独になってしまう。
しかし、下から誰かが歌う「ハンマーソング」が聞こえてくる。
そして、だるま落としのように箱は崩れていき、主人公は皆と同じ高さまで降りてくるのだ。

痛みを見てもらいたいから、
自分は他の人間と違うと思い込み、それを他の人間にしらしめようとするから、
孤独を望むのだと思う。
自分は、汚れた人間なんだ、ブラックな人間なんだと思い込むんだと思う。
でも。
あなたの痛みを知った人は、あなたに近づきたがらない。
そして、
結局かまってもらえず、孤独になってしまうのだ。
皆、本当はあなたと話をしたいのだけれど、
あなたの痛みがそれを突っぱねているのだ。
自分が他の人間と同じ高さに行くことを、怖がらなくていい。
うまくいえないけど、
そんな風に思うのだ。


一度、聞いてみたらどうだろう。
「ハンマーソングと痛みの塔」
と、youtubeで検索すれば出てくるはずだ。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/05/07(木) 20:21:33|
  2. 雑写・雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<私は | ホーム | 手にある物はなんですか?>>

コメント

土間さんの書いてくれたストーリーだけでも
深いモノを感じました。
今度聴いてみようかな。
  1. 2009/05/09(土) 01:32:16 |
  2. URL |
  3. イタチ #6Q0aW8YQ
  4. [ 編集 ]

コメ返信

この歌は、本当にすばらしいと思います。


ぜひ。
  1. 2009/05/09(土) 06:54:48 |
  2. URL |
  3. 土間 #17ClnxRY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://turugasimatoudai.blog22.fc2.com/tb.php/19-664bf40c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

土間

Author:土間
南鶴ヶ島灯台へようこそ。

最寄り駅に戻りたいという方はこちら

管理人「土間」は
写団「東京体温」所属のアマチュア写真人です。

主に鉄道・人物・心象街頭風景を撮っています。

bana.jpg
↑クリックすると飛びます

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (18)
はじめに (1)
撮影日誌 (15)
秘境駅レポ (1)
雑写・雑記 (397)
お知らせ (2)

FC2カウンター

RSSリンクの表示

Links

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。